阿佐谷パールセンター家族信託相談所 行政書士事務所アズーロ 阿佐谷パールセンター家族信託相談所 行政書士事務所アズーロ

2021.03.10
おひとりさま

「見守られる」こと、どう思いますか?

こんにちは!
阿佐ヶ谷 相続センター(家族信託相談所)の梶岡です。

2回にわたって
おひとりさまの突然に備える対策と、

http://azzurro-gp.com/2021/02/24/【おひとりさま】突然寝たきりになったら、誰が病院代を払うのか?/

任意後見契約の内容について

http://azzurro-gp.com/2021/03/03/任意後見契約のこと。/

お伝えしました。


任意後見契約の中に少し書いたのですが、
代理を今すぐには発動させない場合、

「お元気な間は生活を見守ってもらいできることは自分でする+
認知症になったら代理してもらう」


という契約内容になります。


これ、よく付けられる公正証書のタイトルとしては


「見守り契約及び任意後見契約公正証書」

となるのですね。



このタイトル、私は特に違和感を感じていなかったのですが
先日聞いたお声ではっとしました。


その方は(80代男性です)


「見守る、という上から目線の言葉が気に入らない」


と仰いました。


私はびっくりしてしまいました。
見守るって、愛にあふれた優しい言葉だと思っていたからです。


でも…
確かに。

自分の中でも、
高齢の守られるべき方たちは大切にしてあげないといけない、
というような

確かに上から目線、と思える考え方があったかもしれません。

私はいま30代で、
例えば明日すぐに寝たきりになる可能性は低いと思います。

そんな余裕がつくってしまった上から目線ですね。
反省しました。



ではその方はどうされたいのかというと、


お互いに、持ちつ持たれつの関係を築きたい


、と。


本当にそうですね。
高齢でも若くても
身体や精神や環境などどんな障害があっても
この世界で生きるには持ちつ持たれつです。

何が出来なくても生きていてくれるだけで嬉しい、という意味も含め。


そうであれば、
法律用語や契約書の構成上文言を変えるのは難しいところがありますが、

気持ちとして、
見守り契約とはいっても
単に弱者を守る、という考えのみで行うのではなく、

持ちつ持たれつ、
ご自身では難しいところのみをお願いされている
という気持ちを忘れないようにしたいと思います。



ちなみに、
後見制度の理念も
ご本人の保護とあわせて、
ご本人の意思や自己決定権の尊重が掲げられています。



理念ってなんだかきれいごとに聞こえるし
この今日のブログさえきれいごとかもしれないけれど、

でも、それでも、大切にしたいと思います。



日々の業務に追われて忘れがちだった、
根本の理念を思い出させて頂いた、お客様のお言葉でした。


改めて考えさせられて有難いなぁと思います。
ありがとうございました(^^)



無料相談のご予約お待ちしております(*^^*)
TEL: 03-5913-9008
MAIL: info@azzurro-gp.com 

下記から直接予約もできます♩
【無料相談ご予約フォーム】
■パソコン用フォームURL

https://ws.formzu.net/fgen/S34399588/
■ スマホ用フォームURL

https://ws.formzu.net/sfgen/S34399588/
■ 携帯電話用(ガラケー)フォームURL
https://ws.formzu.net/mfgen/S34399588/

杉並区・中野区・練馬区を中心に
東京23区から日本全国対応。

お元気な間の相続対策・家族信託・財産管理・認知症対策から
亡き後の遺産相続のお手続きまで、
家族信託相談所 ”に全てお任せください!!
話しやすくて豊富な経験を持つ専門家たちが
あなたの不安を、晴れ渡る青い空のような明るい気持ちへ
変えていくお手伝いを致します。

「未来へと 家族に寄り添う」
お困りごとはぜひ 家族信託相談所 へご連絡ください。

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-17-23 ステージファースト阿佐ヶ谷1階
阿佐谷パールセンター 家族信託相談所
阿佐ヶ谷 相続センター
(運営:行政書士事務所アズーロ)
TEL:03-5913-9008 / FAX:03-5913-9009
MAIL:info@azzurro-gp.com

SHARE :