阿佐谷パールセンター家族信託相談所 行政書士事務所アズーロ 阿佐谷パールセンター家族信託相談所 行政書士事務所アズーロ

2021.02.18
日々のこと 相続

【相続】発展:遺言があるのに預金の仮払いをしたとき。

こんにちは!
阿佐ヶ谷 相続センター(家族信託相談所)の梶岡です。


前回の記事↓

http://azzurro-gp.com/2021/02/17/【相続】遺産分割の前に預金の解約ができる!?/


に続きまして、
今日は少し発展形。必要な方はどうぞ。



相続人以外の者へ預金を遺贈するような遺言があった場合
仮払いはどうなるか?



金融機関も相続人も
遺言書の存在を知らなければ
通常の手続きに則り
仮払いを実行してしまいます。


そして、仮払いされたお金は原則戻すことにはなりません



そうすると、
遺言があるにも関わらず、
遺言にて預金を遺贈されている方(=受贈者)が
預金を取得できなくなります。


そのため、
遺言にて預金を遺贈されている方(=受贈者)は
相続が発生したらすぐ
銀行に、遺言の内容を明らかにして、自分が承継することを通知
しておいた方が良いです。


そうすれば、これを”対抗要件を備える”といって
誰かが文句を言ってきたときに
自分には権利があるのだと主張することができるようになります。

(これをしなければ主張できません。)


ちなみに、このとき相続人が
遺言があることを知っていたら。

それでも、先に銀行側にアクションした方が
権利を取得してしまいます。

「自分の権利を守る行動をしたかどうか」
というところが問われるわけです。



法的には、
遺言で指定された財産は、相続財産ではなくなります。
遺言にて預金を遺贈されている方(=受贈者)のものです。
そのため、相続人に預金を解約する権利はないはずなのです。


でもそれは相続人と受贈者の、二者間でのお話。


銀行という第三者は
遺言があるかどうかなんて分かりませんよね。

それなのに、払ったものをまた戻して、なんてしてたら
権利関係も業務も煩雑になってしまいます。


そのため、先にアクションした方が
自分の権利を守る行動をしたということで、
尊重されるのです。



遺言の内容を秘密にされる方は結構いるようなのですが
ここまで読まれた方はお分かりかと思いますが、


相続発生後、すぐ手続きできるようにするためにも
少なくとも財産をあげるとした方には
遺言の内容を
生前にお伝えされておく方が良いと思います。


上記の”対抗要件”の手続きがすぐにできます。


揉めないためのベストな選択肢は
やはり、遺言作成時に相続人全員にお話し、了解してもらうことではあります。



余談ですが…
そもそもですが、相続財産はご本人のものであり
それをどう処分しようと、全くご本人の自由です。

誤解も多いのですが
相続人というのは、ただ「もらうだけの存在」で
この財産が欲しいとか口をだす権利はないんですね。




以上、知っていると知らないとで、
結果が大きく変わってしまうというお話でした。


分かりにくい箇所があれば、いつでも聞いてくださいね(^^

無料相談のご予約お待ちしております(*^^*)
TEL: 03-5913-9008
MAIL: info@azzurro-gp.com 

下記から直接予約もできます♩
【無料相談ご予約フォーム】
■パソコン用フォームURL

https://ws.formzu.net/fgen/S34399588/
■ スマホ用フォームURL

https://ws.formzu.net/sfgen/S34399588/
■ 携帯電話用(ガラケー)フォームURL
https://ws.formzu.net/mfgen/S34399588/

杉並区・中野区・練馬区を中心に
東京23区から日本全国対応。

お元気な間の相続対策・家族信託・財産管理・認知症対策から
亡き後の遺産相続のお手続きまで、
家族信託相談所 ”に全てお任せください!!
話しやすくて豊富な経験を持つ専門家たちが
あなたの不安を、晴れ渡る青い空のような明るい気持ちへ
変えていくお手伝いを致します。

「未来へと 家族に寄り添う」
お困りごとはぜひ 家族信託相談所 へご連絡ください。

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南1-17-23 ステージファースト阿佐ヶ谷1階
阿佐谷パールセンター 家族信託相談所
阿佐ヶ谷 相続センター
(運営:行政書士事務所アズーロ)
TEL:03-5913-9008 / FAX:03-5913-9009
MAIL:info@azzurro-gp.com

SHARE :